レコーディングレポート



2005年9月18日
〜仕上げ編〜

録音作業は全て終わり、次に各パートの音量調整や音色を調整するミキシングを開始。
ここで本格的に活躍したのがM4スタジオの凄腕エンジニア原田氏(以下原ちゃん)だ。
メンバーがのんびり座っている間もテキパキと作業を進めていく。

ここでリーダーは遅刻したお詫びに昼飯でもということでリーダー自らモ○バーガーへ買出し。
もちろんおごりで。
買出しに行った先でケンドーコバヤシに遭遇したらしい。
ほんとに話題を欠かさないリーダーだ。



昼ご飯も済み原ちゃんの迅速な作業でメンバーも満足のミックスに仕上がる。
次は新しくできたM4Rスタジオに向かいマスタリング作業に移る。


M4Rスタジオに移り曲の音圧を上げたり、曲と曲との音量差を無くしたり、曲間(曲が終わって次の曲が始まるまでの間)を調整したりするマスタリング作業を行なう。
M4RはPro Toolsシステムを導入したスタジオで本格的なミキシング、マスタリングが行なえる。スタジオはかなり落ち着いた雰囲気でリラックスして作業が出来る。



ここでも原ちゃんが大活躍で初めて入るM4Rスタジオに興味をしめしているメンバーをよそに確実に作業を進めていく。
メンバーが色々質問しても「今忙しいねん!」とバッサリ。



原ちゃんが一生懸命作業している間メンバー達はスタジオ内でくつろぐ。ほんますんません・・・
そんな間に作業は終わりマスターCDが出来上がる。
録音直後とは比べ物にならないくらいかっこよくなってたのには正直驚かされた。



M4Uに戻り音源を確認した後、人数分のCDを焼き全ての作業は終了。
メンバーの皆さん、原ちゃんご苦労様でした!
ついでにM4スタッフの出口君(写真中央)もお疲れさまでした。


終わり


戻る
メニューへ